『ドラゴンボールZ カカロット』はクリア後も遊べる 追加DLCも配信予定

2020年1月16日に発売されたPS4『ドラゴンボールZ カカロット』。

のんびりめにプレーしていましたが、ようやく全4章をクリアしました。

最終章「復活の魔人ブウ編」クリアまでに要した時間はおよそ50時間

途中に用意されたサブストーリーをすべてこなし、必殺技取得のための修行(レベルあげみたいなもの)も定期的にやってこのクリア時間でした。

長すぎもせず、短かくもない適度なプレイ時間ではないかと感じています。

このページでは、PS4『ドラゴンボールZ カカロット』をプレイした感想と、クリア後も楽しめる要素について書いていきます。

 

原作を追体験できる

ドラゴーンボールの原作を忠実に再現した本作(一部割愛シーンあり)。

プレイ中はドラゴンボールを大好きな気持ちが蘇り、気分が高揚しっぱなしでした。

プレイするまでは、一番好きなストーリーが「フリーザ編」でしたが、プレイ後は「人造人間編」や「魔人ブウ編」もいままでより好きになりました。作品のおもしろさを再認識した格好です。

ストーリーの盛り上がるシーンでは派手なアニメーションが用意されており、迫力はアニメ版以上だったりします。

重要なバトルシーンでもストーリーにそった各キャラクターのセリフカットインが入り、臨場感を演出してくれます。

何度もマンガやアニメを繰り返し見てストーリーやセリフを知っているにもかかわらず、ゲームをプレイしながらクスッと笑ってしまったり、闘いに興奮したり、感動したりしてしまいました。

ドラゴンボール好きな方にはぜひ手にとって遊んでもらいたい作品です。自信をもっておすすめできます。

 

バトルシーンは操作が簡単 お気に入りの技を自由にカスタマイズできる

ゲーム難易度は易しく、だれでもすんなりとドラゴンボールの世界観に浸ることができます

ド派手な技を繰り出すのにむずかしいコマンド入力はなく、「◯✕△□」4つのボタンにLRを組み合わせるだけの簡単操作となっています

使用する技設定を自身でおこなうため、キャラクターごとに自由にカスタマイズできます。

ベジータを例に例えると、「ビッグバンアタック派だ」「いやファイナルフラッシュでしょ」「打撃系の技を手厚くしたい」といった感じでプレイヤーの趣向で技の入れ替えができますので、それも本作を楽しめる要素だとおもいます。

あえてプレイしてみて不満なところをあげるとすると、「ワールドマップで移動するときの読み込みが頻繁に発生する」「魚釣りで目当ての魚がなかなか釣れない」「ドラゴーンボールがいじわるなところに落ちている(水中、岩を破壊しないとわからないなど)」といったところでしょうか。

 

ドラゴンボールを集めて楽しみが広がる

マップ上にちらばったドラゴンボールを7つ集めることで、神龍へ願いを伝え叶えることができます。

願いごとを叶えることによって、敵キャラを蘇らせて再戦することができたり、強化アイテムを入手することができます

この敵キャラを蘇らせて発生するサブストーリーは本作の魅力のひとつといえます。それぞれ原作では描かれていないやりとりが用意されており、ドラゴンボールファンならおもわずニヤリとしてしまう場面も。

ドラゴンボールは全4章クリア後でも集められるようになっており、クリア後に叶えられる願いごとも用意されています。

コルド大王やフリーザ、セルといった、ストーリーで倒した敵キャラをドラゴンボールによって蘇らせ再戦することができます。原作では描かれていないオリジナル展開が楽しめます。
またワールドマップ上に点在している“凶悪な敵”をすべて倒すと、最後にあらわれる“最凶の敵”は『ドラゴンボールゼノバース』に登場するあのキャラです。この“最凶の敵”はトロフィーのレア度が高かったのであまり認知されていないのかもしれません。

 

クリア後も遊べる! 追加DLCも配信予定

クリア後に追加されるサブストーリーが多数用意されています。上記の画像は「親子対決」です。原作やアニメでは描かれていないエピソードにワクワクすること間違いなし。

 

2020年3月19日のアップデートで「タイムマシン」が追加に

マップ上「カプセルコーポレーション」敷地内に置かれている「タイムマシン」に乗れば、クリア後レベルのまま過去のストーリーを再び遊ぶことができます。「もう一度あの場面をプレイしたい」「低かったバトルランクを更新したい」といった方はまだまだ楽しめます。

 

 

「追加エピソード」「追加シナリオ」が配信される(2020年10月1日更新)

公式ツイッターで有料DLCコンテンツ第一弾として、「追加エピソード:新たなる覚醒(前編)」が4月28日から配信開始になると発表がありました。また「追加エピソード:新たなる覚醒(後編)」の配信が2020年後半に配信されることも発表になっています。

「追加エピソード:新たなる覚醒(前編)」

新たなる覚醒(前編)では、2013年3月に公開された劇場作品「ドラゴンボールZ 神と神」をフィーチャー。破壊神ビルスと、その付き人ウイスが登場する。本編内では、ウイスと修行することができる。修行をすることで、大量の経験値が獲得可能。修行を重ねることで、悟空とベジータがスーパーサイヤ人ゴッドへ変身可能になるようだ。

スーパーサイヤ人ゴッドに覚醒すると、パラメータがアップするだけでなく、新たなコンボや必殺技も習得できるという。また、追加コンテンツ内では、破壊神ビルスとのボスバトルも待ち受けている。レベルマックス(250)の状態でも、ビルスとの戦いは手を焼くようだ。本コンテンツは本編をクリアする前の段階からプレイ可能で、鍛えあげた能力は本編にも反映されるとのこと。

出典:ゲーム情報サイト「AUTOMATION」/ 『ドラゴンボールZ KAKAROT』の「新たなる覚醒(前編)」は、4月28日配信へ。ウイスと修行し、スーパーサイヤ人ゴッドへ変身 

 

「追加エピソード:新たなる覚醒(後編)」


新たなエピソードでは、悟空とベジータが超サイヤ人ゴッド超サイヤ人(SSGSS)へと変身可能となる。SSGSSは、2015年に公開された劇場作品「ドラゴンボールZ 復活の『F』」で登場した、超サイヤ人ゴッドの戦闘力をさらに上回る変身形態。青髪と青目になるのが特徴で、全身に水色のオーラを纏う。SSGSSになるとパラメータがアップし、悟空はアルティメットかめはめ波(Ultimate Kamehameha)、ベジータはアルティメットギャリック砲(Ultimate Galick Gun)といった新たな必殺技 も使用可能になるようだ。威力だけでなく、ビジュアルもド派手なものに。より爽快なアクションが楽しめそうだ。

新たなエピソードの筋書きは明らかにされていないが、公開されたスクリーンショットでは、悟空とベジータがフリーザ軍らしき人物と戦っている姿が確認できる。前作で「ドラゴンボールZ 神と神」がフィーチャーされたように、今回は次なる劇場作品「ドラゴンボールZ 復活の『F』」が焦点とされているのかもしれない。

出典:ゲーム情報サイト「AUTOMATION」/『ドラゴンボールZ KAKAROT』有料DLC第2弾「新たなる覚醒(後編)」では、超サイヤ人ゴッド超サイヤ人に変身可能

ファミ通.comの記事によると、「追加エピソード:新たなる覚醒(後編)」ではゴールデンフリーザをはじめ、ギニュー特戦隊もあらためて登場すると紹介されていました。

今後の追加情報も楽しみに待ちましょう。

あくまで筆者の予想&願望ですが、クリア後に劇場版『ドラゴンボール 超ブロリー』を観てみると、ブロリーの登場があったらうれしいなあと気持ちが高ぶっています。

もし『ドラゴンボール 超ブロリー』をご覧になっていない方は絶対に観たほうがいいですよ!冒頭からテンションあがります。

フリーザの秘められたコンプレックスにめっちゃ笑いますし、ドラゴンボールの世界観を表現する映像技術の進化におどろくはずです。

 


【配信スケジュール】

追加エピソード前編 追加エピソード後編 追加シナリオ
2020年4月28日 配信開始 2020年11月17日 配信開始 配信日未定

 

【DLC販売価格】

シーズンパス 追加エピソードセット 追加シナリオセット
2,500円+税 1,000円+税 配信日・販売価格未定

※「シーズンパス」は追加エピソード(前編・後編)と追加シナリオの2つがセットになったDLCパックです。「シーズンパス」を購入した方は、追加エピソード前編を2020年4月28日から先行してプレイできます。
※「追加エピソードセット」は前編・後半からなる2編構成の追加エピソードが楽しめるDLCです。

※「追加シナリオセット」は追加シナリオが楽しめるDLCです。

 

 

追加DLC第1弾「新たなる覚醒編(前編)」プレイ動画

レベル200のウイスに挑戦

 

レベル250のビルスに挑戦

 

 

「ドラゴンボールZ KAKAROT」
公式サイト:https://dbar.bn-ent.net/
発売日:2020年1月16日
プラットフォーム:PlayStation(R)4,Xbox One(XboxOneはダウンロード版専用)
希望小売価格:7,600円+税
CERO:B

 

\  アニメ『ドラゴンボール』が見放題  /

出典:U-NEXT公式サイト


まずは31日間お試し0円