【バスケW杯】八村塁選手参加の男子日本代表がアメリカ代表と激突!「FIBAバスケワールドカップ2019」大会概要と組み合わせ

NBA japan-basketball

2019年8月31日(土)~9月15日(日)の期間、中国で開催される「FIBAバスケットボールワールドカップ2019」。今回は、「八村(NBA・ウィザーズ)参加の男子日本代表がアメリカ代表と激突!『FIBAバスケワールドカップ2019』大会概要と組み合わせ」と題してお届けします。

男子日本代表の出場は、2006年に日本(さいたま市)で開催された第15回大会以来、3大会ぶり5回目となります。自力での本戦出場は、なんと21年ぶりとのこと。

ここ数年で急速に力をつけて、世界の強豪とも十分戦えることを証明してきた男子日本代表は、初の決勝トーナメント出場を目指します。

そんな男子日本代表の中心選手は、NBAで活躍中の八村塁選手(ワシントン・ウィザーズ)渡邊雄太選手(メンフィス・グリズリーズ)のふたり。

そのふたりに加え、先日アメリカ・ラスベガスで開催されたNBAサマーリーグに参加した馬場雄大選手(アルバルク東京)比江島慎選手(宇都宮ブレックス)、さらには昨季BリーグMVPの富樫勇樹選手(千葉ジェッツふなばし)、インサイドの柱・ニック・ファジーカス選手(川崎ブレイブサンダース)といった、バスケ男子日本代表“史上最高の布陣”で大会に臨むことが予想されます。

※富樫選手はケガのため出場が難しくなりました(2019.7.25)。

今大会一番の注目は、われらが日本代表がアメリカ代表と同じグループEに入り、激突することではないでしょうか。NBAのスター選手を中心に構成されたアメリカ代表とどんな戦いを繰り広げるのか楽しみです。

今回は「FIBAバスケットボールワールドカップ2019」の大会概要と参加国、組み合わせをリマインドします。
 

開催地は「中国」

「FIBAワールドカップ2019」は中国8都市で開催されます。

中国8都市⇒北京、上海、南京、武漢、広州、深セン、仏山、東莞

 

開催期間

開催期間は、2019年8月31日(土) ~9月15日(日)まででおこなわれます。

<1次ラウンド> 2019年8月31日(土)~9月5日(木)
<2次ラウンド> 2019年9月6日(金)~9月9日(月)
<決勝トーナメント> 2019年9月10日(火)~9月15日(日)

 

参加国は全32か国

「FIBAワールドカップ2019」は参加32か国でおこなわれます。

【開催国】中国
【アフリカ】ナイジェリア、セネガル、アンゴラ、チュニジア、コートジボアール
【アメリカ】アメリカ、アルゼンチン、ブラジル、プエルトリコ、ドミニカ共和国、ベネズエラ、カナダ
【アジア】オーストラリア、イラン、フィリピン、韓国、ニュージーランド、日本、ヨルダン
【ヨーロッパ】スペイン、フランス、セルビア、リトアニア、ギリシャ、ロシア、イタリア、トルコ、ドイツ、チェコ、ポーランド、モンテネグロ

 

 

予選ラウンド組み合わせ

※カッコ内:グループ名(開催都市)/ 国名(2019年3月16日現在のFIBAランキング)

【グループA (北京)】コートジボアール(64)、ポーランド(25)、ベネズエラ(20)、中国(30)
【グループB (武漢)】ロシア(10)、アルゼンチン(5)、韓国(32)、ナイジェリア(33)
【グループC (広州)】スペイン(2)、イラン(27)、プエルトリコ(16)、チュニジア(51)
【グループD (仏山)】アンゴラ(39)、フィリピン(31)、イタリア(13)、セルビア(4)
【グループE (上海)】トルコ(17)、チェコ(24)、アメリカ(1)、日本(48)
【グループF (南京)】ギリシャ(8)、ニュージーランド(38)、ブラジル(12)、モンテネグロ(28)
【グループG (深セン)】ドミニカ共和国(18)、フランス(3)、ドイツ(22)、ヨルダン(49)
【グループH (東莞)】カナダ(23)、セネガル(37)、リトアニア(6)、オーストラリア(11)

 

 

競技方式

≪1次ラウンド≫ 2019年8月31日(土)~9月5日(木)

・出場全32か国を、4か国ずつ8グループ(A~H)に分け、各グループで1回戦総当たり戦を行い、グループ毎に
1位から4位を決定する。
※1次ラウンドの各国の結果は、以降も持ち越しされる。
・各グループの上位2か国、計16か国が、2次ラウンドに進出する。
・各グループの下位2か国、計16か国による、17位-32位決定戦を行う。

 

≪2次予選≫ 2019年9月6日(金)~9月9日(月)

・1次ラウンドのグループを2グループずつ統合し、4か国ずつ4グループ(I~L)に分け、グループ内の1次予選で対戦が無い国と1回戦総当たり戦をおこなう。
(A、B→Iグループ / C、D→Jグループ / E、F→Kグループ / G、H→Lグループ)
・各グループの上位2か国、計8か国が、決勝トーナメントに進出する。
・各グループの下位2か国、計8か国による順位決定戦はおこなわず、FIBA公式ルールに則り、9位-16位を決定する。

 

≪決勝トーナメント≫ 2019年9月10日(火)~9月15日(日)

・準々決勝以降の決勝トーナメントは、ノックアウト方式で対戦する。
・3位-8位の各順位決定戦もおこなう。

 

 

男子日本代表 1次ラウンド日程

 日本が入ったグループE(ほかにトルコ、チェコ、アメリカ)は、日本にとっていずれも格上の対戦相手ばかり。注目のアメリカ代表との対戦は3番目で最後になります。そこまでにぜひ2つ勝利をつかんで、アメリカ代表との1戦を迎えてほしいですね。

【第1戦】9月1日(日)日本 (48) vs トルコ (17)
【第2戦】9月3日(火)日本 (48) vs チェコ (24)
【第3戦】9月5日(木)日本 (48) vs アメリカ (1)

※カッコ内:2019年3月16日現在のFIBAランキング
※日程引用元:FIBAワールドカップ2019公式サイト

 

以上、「NBA 八村参加の男子日本代表がアメリカ代表と激突!『FIBAバスケワールドカップ2019(世界選手権)』大会概要と組み合わせ」をお届けしました。

 

dunkshoot-magazine
8月24日(土)発売の『ダンクシュート10月号(@dunkshoot』では、「FIBAバスケットボールワールドカップ2019」の特集が掲載されるとのことです。開幕のちょうど1週間前(8月31日開幕)の発売です。こちらも要チェックです。

※本ページ情報の引用元:JBA公式サイト

※トップアイキャッチ画像は、kawa7さんによる写真ACからの写真です。

 

 

↓八村選手のNBAドラフトと初参加のサマーリーグを振り返る


 

\ 無料で読める漫画が3,000作品以上!/

まんが王国をみる