新型コロナ「緊急事態宣言」で生活はどうなる? 30代男性会社員の場合

Photo by Tim Gouw on Unsplash

きょう(4月7日)政府から新型コロナウイルス感染拡大防止にともなう「緊急事態宣言」が発令されました。

対象地域は東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県で、期間は当面、1カ月程度。大型連休が終わる5月6日までをめどとするとのことです。

「緊急事態宣言」が出されると、対象地域の都道府県知事は、住民に対し生活の維持に必要な場合を除いて、外出の自粛をはじめ感染の防止に必要な協力を要請できるようになります。

わたくしは東京在住、東京勤務なのですが、勤め先の従業員の対応も決まりましたので、30代男性会社員の一例として書いてみます。

いままで経験したことのない「隔日出勤」の日々がはじまる

一部の社員は数週間前からテレワーク勤務で出社してきていないのですが、全員テレワークとはいかない業種ということもあり、わたくしは出社し続けているうちのひとりです。

その選別方法については、「自宅が遠い」「小さい子どもがいる」といった理由からそのような感じになっています。

まあ妥当な判断ですよね。

 

以下は社内に掲示された出勤体制と隔日勤務に関すること、給与に関する部分をコピーしたものです(そのままコピーするとまずいので文言を変えています)。

出勤体制
テレワーク環境がある従業員は、勤務日は極力出社をせず終日テレワークでの勤務とします。
テレワーク環境がない従業員は、隔日勤務とします。各事業部・事業所単位で2班体制を組み、班単位で1日おきに出社し勤務します。出社しない日は休業とします。

隔日勤務における出社しない日(休業)の給与
労働基準法第26条において、使用者の責められるべき理由や落ち度、過失による休業の場合には、使用者は休業期間中の休業手当(平均賃金の100分の60以上)を支払う必要があるとされています。今回は国からの要請であり緊急性を考慮し、休業であっても平均賃金の100分の80を支払うこととします。当該休業に対して有給休暇を適用することは各自の裁量です。

時間外労働の抑制
「緊急事態措置」に対応するためには、大幅に行わない業務を選定する必要があります。各部門とも、どうしても必要なものだけに絞り込んでいただき、出社した際やテレワークでの勤務時に時間外労働を行う必要がない様に業務を整理願います。時間外労働を前提とした業務の整理は禁止とします。

 

わたくしは「テレワーク環境がない従業員」で「隔日勤務」に該当します。

こうして見ると、「テレワーク環境がある従業員」のほうが遥かにいいですよね。会社にこないで給与も満額もらえて、通勤での感染リスクもありませんからね(ファ◯ク!)。

自らの意思でテレワーク環境を選べたら、間違いなくそっちを選んでいますね。それに会社にでてきたらそれだけで雑務が発生しますし、なんだかんだテレワーク組から遠隔で頼みごとを受けることになるでしょうから。

文句言っても仕方ないですし、全部コロナのせいなので我慢するだけなのですが(おとなの考え?それとも社畜?)。

有給休暇を使えば給与は満額もらえるわけですが、有給休暇に関してはそもそも1ヶ月まるまるなんて残ってないこと(年度内である程度消化することを心がけていたこともあり)と、何かあったときのためにとっておきたい気持ちが強いんですよね。

【4月24日追記】5月の出勤表がでまして、担当執行役員が全日テレワーク、担当部長が週2回出勤(ほか週3回テレワーク)、わたくしは現状維持ということになりました。執行役員と部長がテレワークってなにするの?

ほかにもテレワーク環境の社員がいままでにないほど一度にアクセスすることが原因で、仮想環境で動作しないという事態になっています(テレワーク社員は満足に仕事できていない)。当然出社している社員にしわよせがくるっていう。いやー、いろいろキツい(苦笑)。

この時期にテレワーク環境を勝ち取らないとずっと沼にハマる気配がしてならないです。テレワーク環境で1カ月くらい会社にきていない同僚が「ヒゲそらないチャレンジしてる」って言ってたけど、そこだけ切り取ると出社するストレスもないし気楽に過ごしてそうだ。

 

それはそうと、4月から新入社員が入社してきているのですが、研修は一旦中止になり、あすからは自宅待機になることが決まりました。

研修後に予定されていた配属に関してもそのまま後ろ倒しになるとのこと。

期間中の給与はわれわれ既存社員と一緒で休業あつかいとなり、8割を支払うんだろうとおもいます。

 

わたくしの勤め先に限らず、世の中の新入社員はみな、入社早々ほんとに気持ちがげんなりしている状況ですよね。

モチベーションを保つことはむずかしいかもしれませんが、ビジネス書を読み漁るなどして有意義な時間を過ごしてもらいたい!

社会人の先輩としていえることは、本は自主的にたくさん読んだほうが積み重ねで成長できますのでぜったいにいいです。いまご自身が置かれている状況、過ごしている瞬間で興味が湧いた本を手に取る感じでいいとおもいます。

僭越ながら、個人的に振り返ってみて読んでよかった本は、定番をいくつか紹介すると『人を動かす』『金持ち父さん、貧乏父さん』『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン』『アドラー心理学入門』『7つの習慣』『幸福論』です(順番に意味はなく、どれもとてもためになる本です)。

本の内容をすべて会得してることは絶対にありませんが、何か問題に直面したときや落ち込むようなできごとがあったときに読んだ内容をふと思い出すことがあり、それだけでも気持ちがだいぶ落ちついた経験があります。

気になる方は調べてみてください。

本読むのが苦手な方はYouTuberの「マコなり社長」がおすすめです。チャンネル登録者60万人いるのですでに有名な方ですが、取り上げているテーマが勉強になることはもちろん、視聴者を引き込む会話の組み立てですとか、歯切れよくわかりやすい言葉で話す姿はいろいろなことを気づかせてくれます。

 

さて、あしたからいままで経験したことのない勤務形態になるわけですが、めちゃくちゃ忙しくなることはいまのところなさそうなので、早く帰る日を増やしたりして自分の時間を満喫したいものです。ブログ更新したり、ゲームしたり。お酒が大好きなので仲間とあちこち飲み歩けないのは残念ですが…。

いや、実際はそんなこと言ってる場合じゃないですね。

リアルタイムで苦しんでいる方が大勢いること、自分も感染する可能性があること、そんなふうに考えると一日でも早くこの事態が収束し、穏やかな日々へ戻ることを願うばかりです。

さいごに、J-WAVEでもたまにかかる元気がでる曲、ジェイソン・ムラーズ『Have it All』の曲リンクを貼っておきますね。

みなさま、くれぐれもお気をつけて毎日をお過ごしください。

 

 


 

楽天市場をみる