スター選手たちが超一流のスキルを競い合った「スキルズチャレンジ」「3Pコンテスト」「スラムダンクコンテスト」 / NBA 2020-21シーズン

  • 03/07/2021
  • 04/03/2021
  • NBA
NBA

NBAのスター選手たちが一夜限りの共演を果たす夢の祭典、NBAオールスターゲーム。

2020-21シーズンはホークスの本拠地アトランタで開催されました。

日本時間3月8日(現地7日)には、「スキルズチャレンジ」「スリーポイントコンテスト」「スラムダンクコンテスト」で未来を担う若手選手からスター選手が一同に会し超一流の技を競いました。

このページでは、「スキルズチャレンジ」「スリーポイントコンテスト」「スラムダンクコンテスト」の各イベント結果をハイライト動画をまじえて紹介しています。

※使用画像は「NBA.com 日本版」「NBA on TNT」公式ツイッターより

 

第70回「NBAオールスター」スキルズチャレンジ、3Pコンテスト、スラムダンクコンテスト 各イベント結果

Taco Bell スキルズチャレンジ

ドリブル・パス・シュートの技術を競い合うスキルズチャレンジ。

オールスター本戦にも2年連続2回目の出場を果たしたインディアナ・ペイサーズのドマンタス・サボニスが制した。

サボニスは八村選手と同じゴンザガ大学の出身。ペイサーズの球団新記録となるシーズンダブルダブルを50回記録するなど年々活躍の幅を広げている。

シーズン前半戦、イースタン・カンファレンス10位で終えたペイサーズ。プレーオフ進出への鍵はサボニスが握っている。

※画像出典:NBA.com日本語版NBA on TNT公式ツイッター
※選手スタッツは現地3月7日時点

 

MTN DEW スリーポイントコンテスト

チャンピオンシップラウンドでは、先に27得点を記録したマイク・コンリー(ユタ・ジャズ)にプレッシャーをかけられたステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)

それでもカリーは、決めれば逆転となる最後のシュートを決める勝負強さをみせ、劇的な幕切れに

カリーがリーグを代表するシューターが集結したスリーポイントコンテストで2015年以来6年ぶり2度目の頂点にたった。

クレイ・トンプソンが長期離脱中で苦しい戦いのつづくウォリアーズ。

完全復活したカリーがプレーオフへ導けるか注目したい。

※画像出典:NBA.com日本語版NBA on TNT公式ツイッター
※選手スタッツは現地3月7日時点

 

AT&T スラムダンクコンテスト

ポートランド・トレイルブレイザーズのアンファニー・サイモンズがスラムダンクチャンピオンに輝いた。ブレイザーズの選手としては初の快挙。

アンファニーという名前は、マジックなどで活躍したアンファニー・ハーダウェイからとっているとのこと。

リラードとマッカラムのバックアップとして出場をつづけるサイモンズは、スピードと跳躍力を武器にキャリアハイでは37得点を記録するなど爆発力のある選手。

後半戦でさらなる飛躍を誓う。

※画像出典:NBA.com日本語版NBA on TNT公式ツイッター
※選手スタッツは現地3月7日時点

 

おまけ Every Dunk Contest Winner Since 2000

2000年以降のスラムダンクコンテストの名シーンハイライト動画。

 


以上、「スター選手たちが超一流のスキルを競い合った 「スキルズチャレンジ」「3Pコンテスト」「スラムダンクコンテスト」 / NBA 2020-21シーズン」でした。

ご覧いただきありがとうございます。

 


 

\ NBAの"超次元"な迫力を体感しよう /

NBA Rakuten公式サイトを見る