『マイケル・ジョーダン:ラストダンス』がNETFLIXで独占配信中 シカゴ・ブルズの黄金期に迫るドキュメンタリー

NBA

『マイケル・ジョーダン: ラストダンス』(原題『The Last Dance』)が、4月20日(月)よりNETFLIXで独占配信されています。

『マイケル・ジョーダン: ラストダンス』は、マイケル・ジョーダンとシカゴ・ブルズの “黄金期” 最後の1年となった1997-98シーズンを追ったドキュメンタリーです。

このページでは『マイケル・ジョーダン:ラストダンス』の「予告編」と「全10話のあらすじ」を紹介しています。

配信開始後はNETFLIX視聴ランキングで上位にランクインし、SNS上ではNBA選手たちが話題にするなど、注目度の高さがうかがえます。

※本ページの情報・画像はNETFLIX公式サイトシカゴ・ブルズ公式ツイッターより。

 

マイケル・ジョーダン:ラストダンス(原題『THE LAST DANCE』)

『マイケル・ジョーダン:ラストダンス』は、マイケル・ジョーダンのキャリア、そして90年代のシカゴ・ブルズの黄金期を、1997-98シーズンの貴重な未公開映像を交えながら徹底的に振り返るドキュメンタリーです。

予告編

 

 

本編

第1話(51分)

大学からNBA初期にかけてのジョーダンの軌跡を振り返る。GMであるJ・クラウスと現場との確執が深まるなか、ブルズはパリでのプレシーズンゲームに挑む。

 

第2話(50分)

無名選手から一躍NBAのスターへと駆け上がったスコッティ・ピッペン。ピッペンは次第に、ブルズ首脳陣へ不信感を抱くようになる。マイケル・ジョーダンはキャリア初期のケガについて語る。

 

第3話(49分)

チームの勝利に大きく貢献していたデニス・ロッドマンだったが、コート外ではその言動が問題を引き起こすことに。80年代後半、ピストンズに苦しめられていたブルズについても語られる。

 

第4話(51分)

ブルズをさらなる高みへと押し上げたフィル・ジャクソンの型破りな哲学と言動を検証する。ブルズはついにピストンズを破り、NBAファイナル進出を果たす。

 

第5話(50分)

マイケル・ジョーダンは「エア・ジョーダン」の流行や一世を風びしたCM、1992年のNBAファイナルでの活躍、オリンピックに参加したドリームチームにより世界的なカルチャーアイコンとなっていく。

 

第6話(51分)

1993年、暴露本の出版とマスコミの記事によりマイケル・ジョーダンのギャンブル問題が浮上。だが周囲の雑音をよそに、ジョーダンはNBA3連覇達成に集中する。

 

第7話(51分)

1993年、父親の死に深く傷ついたマイケル・ジョーダンはNBAを引退し、野球選手に転向。ブルズはスコッティ・ピッペンをチームの中心に据え、新シーズンに挑む。

 

第8話(51分)

ブルズチーム内だけでなく、シカゴの街とNBA全体を盛り上げたマイケル・ジョーダンの復帰。だが1995年のプレーオフではシャキール・オニール率いるオーランド・マジックに敗れてしまう。ジョーダンは再びNBAの頂点に立つため猛練習に励む。

 

第9話(50分)

1997年にはユタ・ジャズ、1998年にはインディアナ・ペイサーズからの挑戦を受ける王者シカゴ・ブルズ。ロールプレイヤーであったスティーブ・カーがブルズの歴史にその名を刻むビッグショットを決める。

 

第10話(51分)

6度目の優勝という"ラストダンス"を終え、完全に力を使い果たしたシカゴ・ブルズ。マイケル・ジョーダンやフィル・ジャクソンをはじめとする主要関係者が、黄金期の終わりを振り返る。

 

 

NETFLIX 公式サイト

 

 

 バックナンバーをAmazonで見る