NBA公式戦デビューを果たした八村塁選手の成績を振り返る(現地10月24日~11月2日)

NBA NBA公式戦デビューを果たした八村塁選手の成績を振り返る(現地10月24日~11月2日)

NBA2019-20シーズンの開幕からおよそ10日が経ちました。

日本人初のドラフト1順目指名でワシントン・ウィザーズへ入団した八村塁選手も開幕からスターターとしてNBA公式戦デビューを果たしました。

開幕戦ではいきなりダブルダブルを記録するなど、エースのジョン・ウォール不在のなか、チームから寄せられる期待も大きいようです。

このページでは、10月24日〜11月3日の期間おこなわれたワシントン・ウィザーズ5試合の結果を八村塁選手の成績とハイライト動画で振り返っています。

※ハイライト動画はワシントン・ウィザーズ公式にアップされているものを埋め込みしています
※八村選手の各成績・GAME RECAP:NBA.comより
※使用画像はワシントン・ウィザーズ公式Twitterより

 

八村塁選手の成績を振り返る(現地10月24日~11月2日)

vs …… ホームゲーム  at …… アウェイゲーム

at DALLAS MAVERICKS(OCT 23)/ L 100-108 Recap

14 PTS 10 REB 2 BLK

成績をさらに見る

0 AST 0 STL 0 TO 2 PF

FGM/FGA 7/15  FG% 46.7  3PM/3PA 0/3  3P% 0.0  FTM/FTA 0/0  FT% 0.0

24.50 MIN

 

 

at OKLAHOMA CITY THUNDER(OCT 25)/ W 97-85 Recap

19 PTS 5 REB 0 BLK

成績をさらに見る

2 AST 1 STL 1 TO 1 PF

FGM/FGA 8/20  FG% 40.0  3PM/3PA 0/4  3P% 0.0  FTM/FTA 3/3  FT% 100.0

34.39 MIN

 

 

at SAN ANTONIO SPURS(OCT 26)/ L 122-124 Recap

16 PTS 8 REB 1 BLK

成績をさらに見る

3 AST 1 STL 2 TO 0 PF

FGM/FGA 8/14  FG% 57.1  3PM/3PA 0/1  3P% 0.0  FTM/FTA 0/0  FT% 0.0

37.58 MIN

 

 

vs HOUSTON ROCKETS(OCT 30)/ L 158-159 Recap

23 PTS 5 REB 0 BLK

成績をさらに見る

1 AST 0 STL 1 TO 4 PF

FGM/FGA 9/15  FG% 60.0  3PM/3PA 3/3  3P% 100.0  FTM/FTA 2/2  FT% 100.0

35.31 MIN

 

対戦相手ロケッツのジェームズ・ハーデンはこの試合、3ポイント6本を含む59得点、9アシストでウィザーズの前に立ちはだかった。ウィザーズは終盤リードを奪うものの、最後にハーデンにフリースローを決められ、ハイスコアゲームとなったホーム開幕戦を落とした。ウィザーズのエース、ブラッドリー・ビールも46得点を決め応戦していた。

 

八村選手はこのロケッツ戦で、課題とされている3ポイントをNBA公式戦で初めて決めた(3/3)。影響したかどうかは定かではないが、前日にウィザーズの練習へ訪れた歴代3ポイント成功本数1位(2,973本)のレイ・アレンからアドバイスを受けたとのこと。

 

vs MINNESOTA TIMBERWOLVES(NOV 02)/ L 109-131 Recap

4 PTS 2 REB 0 BLK

成績をさらに見る

1 AST 0 STL 1 TO 2 PF

FGM/FGA 2/11  FG% 18.2  3PM/3PA 0/2  3P% 0.0  FTM/FTA 0/0  FT% 0.0

22.29 MIN



 

八村選手へのチーム関係者の声

 

 

開幕から5試合を終えて1勝4敗。順位はサウスイーストディヴィジョン最下位、イースタンカンファレンスでは14位となっています。

チームの顔であるジョン・ウォールが長期離脱中のなか、ゲーム後半は特に攻め手に欠く場面が見られ、ブラッドリー・ビール頼みになっている印象です。

11月2日のウルブズ戦で16得点をあげたアイザイア・トーマスのさらなる得点力に期待がかかります。

また、開幕から出遅れているシューター、C.J.マイルズも近々チームに合流するとのことですので、自らシュートクリエイトできるマイルズの復帰でオフェンスバリエーションに改善が見られるのではないでしょうか。

ウィザーズにとってきびしいシーズンの始まりとなりましたが、スパーズ戦とロケッツ戦は接戦だっただけに、悲観的になるようなことはないような気がします。

今後の日程は、ピストンズ、ペイサーズ、キャバリアーズ、セルティックスと同カンファレンスチームとの対戦が続いていきます。八村選手の活躍はもちろん、ウィザーズも勝率5割を目指して勝ち星を重ねられるか注目したいです。

 

以上、「NBA公式戦デビューを果たした八村塁選手の成績を振り返る(現地10月24日~11月2日)」でした。ご覧いただきありがとうございます。

 

 

八村塁 プロフィール
◼︎生年月日:1998年2月8日(21歳)
◼︎身長・体重:203cm・104kg
◼︎ポジション:SF/PF
◼︎ウイングスパン:218cm
◼︎ドラフト:2019年1順目9位(ワシントン・ウィザーズ)
◼︎出身地:富山県
◼︎出身校:ゴンザガ大